学校では教えない
遺言♡寄付のすすめ
もったいないほっとけない



遺言♡寄付を受け取った団体からのメッセージ
視聴無料

ファシリテーター

鹿内 幸四朗 
https://shikanaikoshiro.notion.site/shikanaikoshiro/f85e2e5dc55b44938001eef902a881cf
一般社団法人日本相続知財センター本部・専務理事

北海道出身。2016年、税理士を中心とする相続・後見・遺言の専門家集団、一社)日本相続知財センター本部を設立。専務理事就任。

ダウン症のひとり娘が生まれたことをきっかけに「ライフワーク」となった知的障害者の「親なき後問題」。成人年齢が18歳になったことをきっかけに知的障害者の「親権」の重大さに気づく。子どものために実践したことを伝えるため、同年代の親向けに講演活動を始める。受講者数は2万人超。

もう一つのライフワーク「遺言♡寄付」の普及活動を始める。遺言によって寄付する方の現実の想いと、その寄付を受け取る側の覚悟、専門家のかかわり方について講演活動を開始。

著書『障害のある子が「親なき後」も幸せに暮らせる本』大和出版
https://amzn.asia/d/jerp8i4

【寄付してくださいって話じゃないんです】

76,800,000,000(768億円)

日本人が亡くなって、行き先がないために、国庫に入った1年分のお金
このお金を、社会貢献活動をしている団体や、過疎化が進む故郷のために、もっとダイレクトに活用できる方法はないだろうか?
私たちは、自分の意志でできる最期の社会貢献、『遺言♡寄付』(遺贈寄付)を活用し、支援すべき団体に、活動のエネルギーともいえる「お金」を届けたいと考えました。

この『遺言♡寄付』を必要としている団体は日本国中にあります。
しかし、その大前提となっている「遺言」。
私たちは相続によるトラブル「争族・争続」を撲滅するために「遺言を文化にしよう」と立ち上がった団体です。

ほとんどの日本人が加入している「生命保険」は「文化」とも言える「あたりまえ」のレベルに対し
遺言を作るために必要なリテラシー教育を、ほとんどの日本人が受けていない。

法律のことや税金のこと、お金、不動産、保険、そして相続のことなど、必要な情報を学校では教えない
「おひとりさま」だとどうなるのか?「離婚」するとどうなるのか?
残すべき人がいない」ときはどうなるのか?「残したくない人」がいるときはどうすればいいのか?

生きているうちのお金はもちろん大切ですが、亡くなってからのお金のことも、ちゃんと理解すべきではないかと感じるようになりました。

私のひとり娘には知的障害があります。大きなお金を管理したりコントロールすることができません。そのため「親なき後問題」特に「お金の問題」についての研究を始めました。
いろいろサキヨミする中でたどり着いた「守りたい人」が先立つことを想像したとき
『遺言♡寄付』という考え方にたどり着きました。

守りたい人がいない方や、守るべき人を先に失った方が、
最期に「優しい気持ち」と「寂しい気持ち」と「悲しい気持ち」の入り混じった『遺言♡寄付』
ポジティブな意志ではなくネガティブな感情から生まれることが多い『遺言♡寄付』
最期の想いを実現することによりネガティブな感情を「浄化」できるのではと考えたのです。

しかし、『遺言♡寄付』を決断するにあたり、
その前に立ちはだかる、さまざまな法律やルール、トラブル要因、そして、その解決方法。

このことを、その『遺言♡寄付』を必要とする団体の役員やスタッフの皆様に、
仕組み』や『注意点』についてお伝えしたいと考え、このWebセミナーを企画しました。
さらに、皆様の会員や支援者の皆様にもご覧いただくことにより、
新しい日本らしい寄付文化を育てていきたいと考えました。

【Webセミナータイトル】
学校では教えない『遺言♡寄付』のすすめ
もったいないとほっとけない~

このセミナーのコンセプトは
①学校では教えてくれないことを『専門用語』は使わずに理解しやすい言葉でお伝えすること。
②YouTube配信することにより、学びの時間を自由に選択できることを最重要と考えていること。
③『遺言♡寄付』を残す側の感情と、受け取る側の覚悟、アドバイザーや遺言執行者の実例報告。
チャプターがついていますので、重要と感じたところを繰り返しご覧いただくのも効果的だと思います。
きっと、楽しく学べます。

登壇者の一人である、認定NPO法人おてらおやつクラブ代表の松島靖朗さん(安養寺住職)の言霊が私たちの心に響き、このWebセミナーの副題とさせていただきました。
もったいない」と「ほっとけない

大切な社会貢献活動を頑張っている団体は たくさんたくさんあると思うのです。
より良い社会を作るために活動をしている、そんな団体を応援したい。
私たちが『地球のために出来ること』を本気で一緒に考えたいと思ったのです。
綺麗ごとに聞こえるかもしれませんが、それを実現するにも『お金』が必要です。

遺言♡寄付(ゆいごんきふ) としたのは 『遺言』と『寄付』を『💓(愛)』でつなぎたい と本気で思ったからです。

もう一人の登壇者、認定NPO法人テラ・ルネサンス創設者の鬼丸 昌也さんの言霊
私たちの活動は
微力だが無力ではない
微力は集まれば勢力になる

遺言♡寄付の文化を作ります。

日本相続知財センターグループ 
鹿内幸四朗

パネリスト

認定NPO法人 テラ・ルネッサンス
創設者・理事 鬼丸 昌也

福岡県出身。大学4年生で初めてカンボジアを訪れ、地雷被害の現状を知り、「すべての活動はまず『伝える』ことから」と講演活動を始める。同年10月、大学在学中に「すべての生命が安心して生活できる社会の実現」をめざす「テラ・ルネッサンス」を設立。
2002年(社)日本青年会議所人間力大賞受賞。地雷や子ども兵など平和問題を伝える講演活動は学校や企業、行政などで年100回以上行っている。

認定NPO法人 おてらおやつクラブ
代表理事 松島 靖朗

奈良県出身。安養寺住職 
子どもの貧困問題解決のため、
支援団体や公的機関と協業する「おてらおやつクラブ」を全国展開。
2020年11月認定NPO法人化。
2018年度グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)
2021年内閣府女性のチャレンジ賞。
共著『ともに生きる仏教』ちくま新書、『不要不急』新潮新書。

セミナー概要

テーマ
遺言寄付webセミナー
学校では教えない遺言♡寄付のすすめ
もったいないほっとけない
コンセプト

遺言♡寄付(遺贈寄付)を次世代につなげる重要な資金と考えている団体のみなさまへ 

①学校では教えてくれないことを専門用語は使わずに理解しやすい言葉でお伝えすること。
②YouTubeでの配信は学びの時間を自由に選択できること。
③『遺言♡寄付』を残す側の真実と、受取る側の覚悟、アドバイザーの着眼点

チャプター付き動画は、重要な箇所を反復学習でき、団体での勉強会にもご活用いただけます。

参加費
無料
配信方法
YouTube アーカイブ 配信 

※お申込みいただいた方には、自動返信メールにてご視聴URLをお送りしております。
下記フォームから送信後、画面が「白く」なりますが、ご安心ください。上にスクロールしていただき、「回答を完了しました」と表示されていれば申込み完了です。なお、ご入力いただいたメールアドレスに「自動返信メール」が届いていることも併せてご確認ください。
自動返信メールが届かない場合は、事務局までお問合せください。

参加対象者
・NPO、NGOの幹部・スタッフ
・社会福祉協議会等、社会福祉法人の幹部、スタッフ
・その他、「遺言♡寄付」を活動資金としたいと考えている団体(自治体、宗教法人、公益法人)
・遺言♡寄付(遺贈寄付)に興味のある法人・個人
アンケート回答特典
特典1.セミナー資料(PDF)(回答者全員)
◇アンケート回答送信後の自動返信メールよりダウンロードできます。

特典2.日本相続知財センターグループによる「遺言♡寄付(遺贈寄付)」運営等1時間zoom無料相談

◇応募者には、日本相続知財センター本部事務局よりご連絡させていただきます。


注意事項
利用行き役・プライバシーポリシーに同意の上、お申込みください。
セミナーの録音・録画、動画のダウンロード・許可なく第三者への転送は固くお断りしております。
主催
日本相続知財センターグループ
協力
認定NPO法人テラ・ルネッサンス(京都府)
認定NPO法人おてらおやつクラブ(奈良県)
事務局
一般社団法人日本相続知財センター本部
https://souzoku-chizai.or.jp/
見出し ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

お知らせ
一般社団法人日本相続知財センター本部と「認定NPO法人おてらおやつクラブ」および「認定NPO法人テラ・ルネッサンス」は
『遺贈寄付推進に係る協力協定』の締結をし、宗教法人記者クラブ(京都市)で記者会見を行いました。

注意事項

セミナー視聴希望の方は、下記注意事項を確認の上、お申込みください

【注意1】
下記フォームから 送信後、画面が「白く」なりますが、ご安心ください。
上にスクロール
していただき、「回答を完了しました」と表示されていれば申込み完了です。
なお、ご入力いただいたメールアドレスに「自動返信メール」が届いていることも併せてご確認ください。
【注意2】
自動返信メールが届かない場合は、
 ①登録したメールアドレスに間違いがないか?
 ②迷惑メールフォルダに入っていないか?
 ③着信拒否設定になっていないか?
 をご確認ください。
自動返信メールが届かない場合は、受信拒否設定より「shikanaikoshiro@gmail.com」「info@yuigonkifu.com」を解除お願いいたします。
【注意3】
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信してください。

申込フォーム

事務局・一般社団法人日本相続知財センター本部
利用規約・プライバシーポリシー

【利用規約】
・法務、税務・税制等に関する個別のご相談については、提携している弁護士や税理士等の専門家をご紹介させていただく場合があります。
・ご利用いただいたサービスに関連する情報電子メール又は送付物によりご紹介する場合があります


【個人情報についてのプライバシーポリシー】
(1)適切な個人情報の収集、利用、提供、預託を行います。
個人情報を本人の意思に反して収集、利用、提供、預託することは、権利の侵害になると共に事業者としての信頼を失うことになります。
そのため、個人情報の収集、利用、提供、預託等の管理ルールを明文化し、個人情報の適切な管理を行います。
お客様から個人情報を収集させていただく場合は、収集目的、当社の問い合わせ窓口等を明示した上で必要な範囲の個人情報を収集させていただきます。
法的な要請等によらない限り、お客様の事前承認なく第三者に開示・提供することはありません。また、お客様の個人情報を業務委託先に提供する場合は、守秘契約等によって業務委託先に個人情報保護を義務付けるとともに、業務委託先が適切に個人情報を取り扱うよう管理いたします。
(2)法令およびその他の規範を遵守いたします。
個人情報の取り扱いに関して、個人情報保護法をはじめとする個人情報に関する法令およびその他の規範を遵守するとともに、役員を含む就業者に教育・啓発を実施します。


本セミナーチラシダウンロード
1
このセミナー情報を必要とされる方にお伝えする時にご活用ください
・LINE、Instagram、FacebookなどSNSでの告知
・チラシを印刷して配布
・さらに大きめに印刷して「ポスター」として掲示板告知